SSブログ
前の10件 | -

古都に星降る風景 [星景写真]

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。新年最初は年始に訪問した京都で撮影した星空です。お正月という事で祇園にある八坂の塔がライトアップされていました。最近は激しく照らすライトアップが多いのですがここのライティングは非常に柔らかで古都の風景を壊すことなく星空撮影ともマッチします。さすがに都会の真ん中なの一枚物ではほとんど星は写りませんので5秒400枚のコンポジットで仕上げました。

古都に星降る風景B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(40mm)F/2.8 Di VC USD 2021:1:1 22:41 ISO200 5sec×400 f2.8 StarStaX Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

里山のお堂の上に昇る大小の柄杓たち [星景写真]

クリスマス前の晴れた日に千葉県の山の中にあるお堂と星空を撮影してきました。ここの里山風景はとても好きなのですが都心方面の空が明るいのがとても残念なロケーションです。稲刈りが終わった田んぼが寒々しい里山の風景に北斗七星と尻尾の先が北極星のこぐま座が昇ってきました。この時期の南の空のオリオン座や夏の天の川はとても賑やかな星空が撮影できますが、北天の星空をうまく撮影したいと思う今日この頃です。シンプルな星空なので表現がとても難しいですね。しばらく試行錯誤が続きそうです。

里山のお堂と大小の柄杓3.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(24mm)F/2.8 Di VC USD 2020:12:19 1:31 ISO2000 24sec f2.8 Lee-soft3 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

2枚目は縦構図での撮影です。この後、雲が流れ始め撮影は終了となりました。

里山のお堂と大小柄杓3.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(22mm)F/2.8 Di VC USD 2020:12:19 2:08 ISO2000 20sec f2.8 Lee-soft3 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

六地蔵と昇るオリオン座 [星景写真]

静岡県の奥深い山の中にある六地蔵と昇るオリオン座を撮影して来ました。ここは構図左に富士山が望めるスポットなのですが欲張ると中途半端な構図になるのであっさりと切り捨てです。それにしてもこのスポットは光害、街灯が酷く撮影、現像共にとても苦労しました。ただ、オリオン座が昇る直前まで流れ続けていた雲がこのアングルになる直前に快晴となりました。六体のお地蔵様に願掛けしながら撮影できるパワースポットかもしれません。10月半ばとなり山中の夜中はすでに真冬の気候です。星空撮影される方は十分に暖かい服装で向かって下さい。

六地蔵とオリオン座B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(27mm)F/2.8 Di VC USD 2020:10:24 (星空)23:42 ISO1000 16sec f2.8 Lee softNo.3 (風景) 21:40 ISO320 8sec F2.8 どちらも固定撮影の2枚をコンポジット Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

西伊豆千貫門と秋の天の川 [星景写真]

10月中旬に西伊豆の千貫門に行ってきました。昨年の同じ時期にも撮影したのですが今回は縦構図で天の川をダイナミックに撮影してみました。この日はとても穏やかな海で波のアクセントがありませんでしたが千貫門上空に高く昇る秋の天の川が撮影できました。沈む夏の大三角がわかりますでしょうか?今回も星空の撮影は11時半に、千貫門は月が全て照らす高さまで昇った5時頃に撮影しその二枚をコンポジットして仕上げました。最近の伊豆上空はとても飛行機が少なく星空撮影には好都合なのですがコロナ禍であることを思い出させてくれます。

千貫門と秋の天の川B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(15mm)F/2.8 Di VC USD 2020:10:12 (星空)23:32 ISO3200 30sec f2.8 ポラリエ追尾 (風景)5:22 ISO4000 30sec F2.8 固定撮影の2枚をコンポジット Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

宮古島の天の川 PARTⅤ [星景写真]

宮古島の星空は今回が最終回です。星空撮影の最終日は市街地で撮影してみました。宿泊しているホテルからほど近い久松漁港で撮影した天の川です。この辺りは市街地の明かりに照らされて肉眼で天の川は見えないほどですが、小さな島や赤い灯台が印象的なロケーションです。流れる雲もとても力強い感じに見えませんか?

久松漁港の天の川B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(16mm)F/2.8 Di VC USD 2020:8:20 23:06 ISO4000 33sec f2.8 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

2枚目は宮古島でいつもお世話になるウィークリーマンションぱりなかウィークリーと星空を撮影してみました。明るいといっても白い建物からつながる天の川が市街地でも撮影できます。最近はかなり開発が進んでいる島ですが、きれいな星空はいつまでも残ってほしいものです。このホテルの各部屋には私の写真を飾っていただいております。宮古島訪問時には是非宿泊してみてください。コンドミニアムタイプのホテルなので自分の家のようにのんびりできて長期滞在にはお勧めです。

Iぱりなかウィークリーと星空B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(20mm)F/2.8 Di VC USD 2020:8:21 00:35 ISO4000 5.5sec f2.8 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

宮古島の天の川 PARTⅣ [星景写真]

宮古島の星空PARTⅣは前回の続きで滞在5日目の夜の後半部分です。ビーチで撮影したポイントから移動して初日にで撮影した天の川に続く小径のポイントです。今夜は雲がひとつもなく改めて撮影してみました。水平線まで雲がない星空はとても貴重ですね。それにしても何度かこの島には訪問していますが連日のように星空撮影ができたのは今回が初めてです。今回も1~2晩撮影できればと思っていたため連日の好天は本当に嬉しい悲鳴です。

天の川に続く小径B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(15mm)F/2.8 Di VC USD 2020:8:19 23:30 ISO5000 30sec f2.8 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

2枚目は渡口の浜近くの亀島という小さな島に流れる0時を回って西に傾いた天の川です。由来となった亀島はどちらが頭なのかは想像にお任せしますが確かに亀に似た形ですね。

亀島に流れる天の川B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(15mm)F/2.8 Di VC USD 2020:8:20 00:06 ISO5000 30sec f2.8 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

宮古島の天の川 PARTⅢ [星景写真]

宮古島滞在4日目の夕方はさすがに厚い雲がでており連続好天も昨日までかと思っておりましたが、夜遅くなるにつれて雲が切れ再び満天の星空が広がりました。あと数分で0時を回るという時刻のため右に傾いた天の川となりましたが北緯24度の天の川は射手座付近の暗黒星雲がくっきりと映し出されています。この作品は栗間島の長崎浜という小さなビーチで撮影しました。水平線にある明るい点は多良間島の灯台でしょうか。

長崎浜の天の川B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(15mm)F/2.8 Di VC USD 2020:8:18 23:48 ISO5000 30sec f2.8 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

2枚目は翌19日宮古島滞在5日目の星空です。この日も雲の心配がほぼ無い快晴です。気になっていたとあるビーチの最深部を昼間にロケハン、満天の星空を確認した深夜に再び撮影に向かいました。真白で足跡が付いていないビーチを延々と歩き、突然現れたヤシガニに驚かされながらたどり着いたのがこの場所でした。静かな波音の入り江で素晴らしい天の川を撮影でき、至福の時間はあっという間に過ぎていきました。

楽園の星空B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(15mm)F/2.8 Di VC USD 2020:8:19 22:57 ISO6400 30sec f2.8 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

宮古島の天の川 PARTⅡ [星景写真]

宮古島滞在3日目も星空撮影には十分の好天、しかもコンディションも上々で早速初日に霞んでいた入り江に向かいました。そこには肉眼でもはっきりとわかる天の川が流れていました。撮影の準備をしていると数台の車が到着。この時期は星空をバックに人物撮影する星空フォトがそこここで行われており人物を強力な明かりで照らしての撮影が始まってしまいました。相手にはお客さんがいるので揉めるのも嫌なのでアングルを右に降って撮影し、早めに移動することにしました。それにしてもこの日はとても濃い天の川が流れており撮影後にライブビューに映し出される映像にため息が出ました。

宮古島の天の川B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(15mm)F/2.8 Di VC USD 2020:8:17 22:05 ISO5000 30sec f2.8 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

2枚目はロケーションを移動しての撮影です。南の島のビーチでよく見られるアダン、ギョクシンカの間に流れる天の川を狙ってみました。ここでもとてもきれいな天の川が見られましたが、夜半が近づくにつれ雲が流れついにはスコールが。そんな3日目の星空でした。

ブルータートルの夢B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(15mm)F/2.8 Di VC USD 2020:8:17 22:50 ISO5000 31sec f2.8 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

宮古島の天の川 PARTⅠ [星景写真]

今年の夏休みは沖縄県の宮古島を訪問してきました。新型コロナの感染者増が微妙な時期ではありましたが、三密対策を万全に9日間の長期滞在に向かいました。目的の半分はもちろん星空撮影です。この島はなかなか晴れない事でも有名なのですが今回は雲が流れた日も含め5日連続で星空を撮影できたという初めての好天ウィークでした。今回より数回に分けて宮古島で撮影した星空をアップしますのでどうぞご覧ください。最初の一枚は到着した初日の南の空です。残念ながら夏の夜の湿気が空を覆いあまりクリアな空ではありません。それでも暗黒部分がはっきりとした北緯24度の濃い天の川が撮影できました。ただ、初日からトラブルあり、なんと1000Kmを運んだポラリエUの調子が悪く、不安定な追尾からついには停止してしまい、今回の星景写真はすべて固定での撮影となってしまいました。

入り江に昇る天の川B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(15mm)F/2.8 Di VC USD 2020:8:15 22:20 ISO5000 35sec f2.8 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

2枚目は滞在2日目の撮影です。ここはビーチに向かう小径が天の川に伸びているようなロケーションでエメラルドグリーンの静かな海も南国の風情を醸し出してくれています。この日の空は霞が取れてクリアな空でしたが残念ながら雲が流れ続けており、雲間から顔を出した天の川を辛うじて撮影できました。やはりスッキリとした空は望めないのか…と思わされた2日目の星空でした。

天の川に続く小径B.jpg

Canon EOS 6D改 TAMRON SP 15-30mm(15mm)F/2.8 Di VC USD 2020:8:16 23:08 ISO4000 29sec f2.8 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

nice!(13)  コメント(2) 

ネオワイズ彗星 [星景写真]

もう関東では連続30日以上雨の日が続いているそうですね。記録を取り始めてからは最長期間のようですが、そんな雨雲の上では5000年に一度巡り来る彗星が輝いています。この日は日本海側の天気が期待できそうなので撮影機会を逃すまいと列島縦断で新潟方面へ向かいました。到着した頃は快晴だった天気も夕日が海に落ちる頃には多数の雲が流れ始めていましたが、それでも雲が晴れた数分の間で長い尾を引いたネオワイズ彗星を捕らえることができました。こんな彗星に生涯の中で再び巡り合いたいですね。その前に7月の晴れた夜空でもう一度撮影したいと願っております。

NWOWISE-B.jpg

Canon EOS 6D改 Canon EF24-105mm F4L IS(50mm) 2020:7:19 21:29 ISO2000 30sec f4.0 ポラリエ追尾 Photoshop Lightroom 5.7(Windows)

nice!(13)  コメント(4) 
前の10件 | -